アナタが想像する「焼き魚」と、一般的に思う「手品師」は、もしかしたらまったく違うものかも。そんなことを考えてみると、なんだか変な感じがする。

どんよりした休日の夜明けに目を閉じて

スイカは叩いて楽器にする
■HOME

汗をたらして走る先生と夕焼け

とある大きな内容の仕事がやってきたとき「なんとかなる」と考えていた入所当時。
当時の自分を含む新人みんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」などと楽観的にとらえていた。
見かねた指導官の上司が言った内容が今でも記憶に残っている。
「目標に向かって、努力をして日々を過ごしたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
よって、この状況のように軽く過ごしていて、運よく仕事が大したことなかったという意味は含まれていません。
過ぎてしまえば簡単だったといった裏の意味は、その逆です。
前からじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が有り余って、仕事がスムーズに進んだと言っているだけです。
全身全霊でやる気になりましたか?
なめてないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、私は必死に勉強しじゅうぶん収めきることができた。

雲の無い週末の日没は焼酎を
宿泊に行きたくて仕方がなかった地、それは静岡の真鶴。
ここを知ったのは真鶴という題名の川上弘美の小説。
しかし、私の子どもな感覚では、まだ深い感動はできない。
しかし、出てくる真鶴岬の様子が大好きで、まだ見ぬ地に憧れていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との中間にあるここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の少し先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という大きな石3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、干潮になると歩いてたどり着ける。
思いかなって、本物の様子を観光することができた。
私のデジカメの中には、真鶴の写真がいっぱい。
民宿のお兄さんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

気分良く叫ぶ先生とあられ雲

夏にあったことを特別していないが、同僚と日曜日、コテージをレンタルして炭を使ってバーベキューをする。
いつもの流れだが、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが二人なので、とてもたくさんなんやかんや準備をしないといけない。
特に、重い物を運んだりが、女の人は苦手な人がけっこういるので、活躍しないと。
だけど、しかしきっと全員でアルコールを飲むからその時は、ワインを飲みすぎない様に注意しよう。

風の無い金曜の早朝にシャワーを
ほほえみって綺麗だなーと思うので、何があっても笑顔でいれるようにしている。
一応、場所と場合を考えて。
しかし、周りに強引に押し付けては良いとは言い難い。
要は、一括では言えないけれど自身の概念として。
会社にいる時はシリアスな顔で真剣に仕事していた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわできる人が好き!という学生時代の友人。
気持ちも分かるかもしれない。

どんよりした日曜の明け方に読書を

いつかの休日、私は仲良しの女の子と、横浜から下道を使って、茅ヶ崎に行った。
目的は、お気に入りの一眼レフのカメラで海を撮るためだったが、なかなかうまく撮ることができない。
ビーチは長く来ていなかったこともあり、そのうちヒールを脱いで海に入りはじめた。
だんだん飽きてしまい、浜辺で棒崩しをしはじめた。
その時までは、実際にそばに置いていた白の一眼レフ。
思う存分過ごして、帰る最中、GSで私の一眼がケースにない事にびっくりした。
しょうがないと思い部屋まで帰ってきたけど、長い間、最高にさみしかった記憶がある。
多くの写真が記憶されていた大好きな一眼レフ、今はどこにいるんだろう?

一生懸命走る家族と擦り切れたミサンガ
ここ最近までなんにも存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツなるものがあった。
都会では、プール用オムツを着けて入れる所と入らせてくれない所があるらしい。
むろん、赤の他人からは、もれないオムツでもおしっこなど含んでいるオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
かといって、子供の親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
だけれども、しかし、立場が逆だとしたら非常にいやだ。

喜んで話す姉ちゃんと穴のあいた靴下

先日の朝刊に、女性の眉に関して、なかなか面白い事柄が書かれていた。
理由を知ると、次第に色っぽくも感じられるので面白い。
一見すると、恐ろしく見えるが、その昔は既婚者である女性の印だという。
なるほど、と思えば、急に色香まで感じられるので不思議だ。

天気の良い大安の早朝に昔を思い出す
少年は、今日は学校の給食当番だった。
帽子とマスクをつけて、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、本日の給食を取りに向かった。
今日の主食は、お米ではなくパン。
バケツみたいに蓋付きの大きな鍋に入ったスープもあった。
少年は、一番重い瓶入り牛乳だけは、男の子が持つべきだろう、と考えていた。
クラス全員分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい瓶入り牛乳を女子には運ばせたくはなかったけど、クラスで前から気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人で牛乳を持つことにした。

自信を持ってお喋りするあの子とぬるいビール

此の程、TVで、マックのチキンナゲットの食感を味わえるレシピといって紹介していました。
とっても似ていると感じて、家内に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの味では残念ながらないけれどおいしかったです。
皮が少し違ったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなので、私程度ぐらいではほんの少しの異なるところは何とも思わず非常においしかったです。

控え目に泳ぐ妹と失くしたストラップ
営業に行けば、三日くらい泊まり込む時がある。
凄く、充実感はありだけれど、常に気を張っているので、2時間睡眠。
起きる予定時間の相当前には、目が覚める習慣がある。
けれど、帰宅した時の達成感は幸せだ。
真剣に遊びまわるし、寝れるし、贅沢する。

TOP

メニュー

Copyright (C) 2015 スイカは叩いて楽器にする All Rights Reserved.