「豚の角煮」のこと嫌いかな?好きかな?さまざまあるかもだけど、あながち悪くないんじゃないかな、「画家」って。そう思わない?

汗をたらして大声を出すあの人と季節はずれの雪

スイカは叩いて楽器にする
■HOME

夢中で話す兄さんと電子レンジ

去年の猛暑、ガンガン冷やした部屋の中で氷たくさんの飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが必要だと思ったからだ。
冷えた室内で、ノースリーブ、そしてレモネードにアイスなど。
なので、健康だと思い込んでいた暑さ対策。
すると、次の冬、例年よりもひどく寒さを感じることが多くなった。
外に出る仕事がしょっちゅうだったこともあるが、寒すぎてなるべく部屋から出れないという状況。
なので、きっと、夏の生活習慣は寒い時期の冷えにもつながると思っている。
じゅうぶんにn栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのが一番だと思う。

自信を持って話す姉ちゃんと電子レンジ
いつも、Eくんがくれるメールの中身は、何が伝えたいのかほとんど分からない。
飲んでても飲んでなくてもいまいち分からない。
だけど、E君が仕事の一環で書いたという、会社の商品とおすすめに関しての紹介文を見せてもらった。
きちんとした文章書くことが出来るんだ!と思い、驚いてしまった。

雪の降る水曜の午後に窓から

打ち上げ花火の季節なのに、しかし、住んでいる場所が、観光地で週末の夜、打ち上げ花火が打ち上っている、すでに慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火を打ちあげているので、文句も多数あるらしい。
自分の、家でもドンという花火の音が大きすぎて子が怖がって泣いている。
たまにのことならいいが、夏季の間、毎週夜に、長時間、音がなっていては、嫌になる。
さっさと終わればいいのにと思う。

控え目に歌うあいつと月夜
日本は、たくさんの祭事があるだろう。
この目で見たことはないけれどじゅうぶん知っているのは、秩父夜祭りだ。
立派な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を見たときに、実際の様子を写したビデオや実際の大きさの物を観賞させてもらった。
12月に開催されるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
実際に見てみたい祭りの一つだ。
冬祭りとは反対に、夏にあるのは、福岡市の放生夜が有名で、万物の生命を奪う事を禁じるお祭り。
江戸の時には、この祭りの間、漁業も禁止されたという。
伝統ある祭りも大事だが、私はりんごあめも同様に好きである。

笑顔で歌う家族と花粉症

甘い物がとっても好きで、洋菓子や和菓子をつくるけれど、娘ができて作るおやつが制限されてきた。
私と妻がめちゃめちゃ楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがるのは当然なので娘も食べてもいいケーキをつくる。
自分は、チョコ系のケーキがめっちゃ好きなのだけれど、しかし、子供には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが体にもいいので、砂糖とバターを控えめにつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

凍えそうな平日の晩は読書を
好きなミュージシャンはいっぱい居るけれど、最近は外国の音楽ばかり選んでいた。
でも、邦楽の音楽家の中で、大好きなのがチャラだ。
チャラは多くの曲を世に送り出している。
有名なのは、シャーロットの贈り物、タイムマシーン、罪深く愛してよなど。
日本にはさまざまな音楽家がいるが彼女はチャラは負けない個性がぴかっと光っている。
日本国内には、世界で仕事をするミュージシャンも数多くいるが、彼女も人気が出るような予感がある。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
このようなフレーズが浮かぶことに尊敬だ。
だいたい作詞と作曲も行っていて個人的には、感性豊かでカリスマっぽい才能があると思う。
ジュディマリのユキとコラボレーションしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、心に残っている。
可愛かったから。
誰だって一回くらい、思う、思われたい感じの事柄を、うまくキャッチフレーズのように表しているから。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

曇っている祝日の夕暮れに昔を思い出す

一眼も、当然好きだけれど、それとは違って突出していると言うくらいお気に入りなのがトイカメだ。
5000円持っていればチープなトイカメが気軽に得られるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐに見れる。
眼前性や、奇跡の一瞬を撮影するには、レフがぴったりだと思う。
けれども、漂う空気や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと思案する。

喜んで踊る子供と俺
新入社員の頃に、無知なこともあって、目立つ厄介なことを起こしてしまった。
心配しなくていいといってくれたお客さんたちに、挽回の方法も分からず、号泣してしまった。
同じく新人らしきお客さんが、ドトールのカフェオレをどうぞ、と言いながらくれた。
ミスって2個もオーダーしちゃったんだ、とニコニコしながら違う種類の飲み物を手に2つ。
高身長で、細身で、すっごく豊かな顔つきをした人。
嬉しかったな、と思う。

悲しそうに大声を出すあの子と穴のあいた靴下

オフィスで話すようになったOLさんがいる。
今までに出会ったことのないような人で、トークの内容がいつも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園の先生の免許、クレーン免許、通関士。
TOEIC800点、フランス語検定2級、危険物取扱。
公認会計士まで取得していると言っていたような・・・。
さすがにこのことを友人に話したら、君の勘違いもあり得ると思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の部長と結婚し退職していった。

泣きながら泳ぐ姉ちゃんと履きつぶした靴
このごろ、横腹の脂肪を増やさない様にと思い筋トレをしている。
8キロ程度の子供を自分の足元にしがみつかせて回数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、小さな子供とのコミュニケーションにもなって、娘も数字を暗記するし、私のひどい脂肪もそぎ落とされるし、好都合だとばかり思っていたら、何日かは、きゃっきゃ言っていた小さなわが子もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

TOP

メニュー

Copyright (C) 2015 スイカは叩いて楽器にする All Rights Reserved.