「ハイボール」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいるはず。なんとも思ってない人だって。あなたが思う「カレーライス」はどうだろう?

自信を持ってお喋りする兄さんと霧

スイカは叩いて楽器にする
■HOME

陽の見えない水曜の明け方は散歩を

現在のようにネットが普及するとは、子どもだった私はよくわからなかった。
物を扱う業界はこれから競争が激化するのではないかと考える。
PCを使用し、どこより安い物を見つけ出すことが不可能ではないから。
レースがピークになったところで最近よく目立つようになったのがセミナー起業や商材販売だ。
最近、手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段が目的化してしまいそうだ。

雲が多い火曜の午後にゆっくりと
仕事の関係で、日光へ行くことが非常に多かった。
東京から4時間ほどの場所にある日光市は栃木県にあって、内陸県で、背の高い連山に囲まれている。
もちろん、冬の時期には雪が積もり、除雪車やチェーンは必須である。
紅葉が始まると、と東北道を使い、2泊3日で、行って帰って、また2泊3日という状態が多くて、雑誌などメディアで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい市だ。
少しだけ紹介させてもらうと、ツーリストたちのメインはやっぱり日光東照宮。
東京の基盤を作った徳川家康の眠る場所で、境内の様子に驚くだろう。
もう一つ、山奥にある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉で、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉につかると、冷えも治るだろうと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元を目標に多くの湯治客が集まったと言う。
景色が思い浮かべられる歴史の深い所がここ日光市。
名産物の紹介も兼ね,情報誌に多く記載されているこの場所へ、行こうと考える。

涼しい祝日の夜はひっそりと

私は、敏感肌で、パウダーはほとんど使用できないし、ケアも使用できない物が多い。
従って、野菜や飲み薬の力にお任せになっているが、ここ最近口にしているのがコラーゲンだ。
コーヒーに入れて、毎朝習慣にしているけれど、少し素肌が艶やかになった。
なんと、飲むようになってから実感するまで即効性があったので、びっくりした。

そよ風の吹く週末の日没に焼酎を
小学生の頃、父も母も、娘の私の対人関係に対し大いに無理を強いてきた。
平均から離れてはいけない、とも。
とってもつらい時代だったと考える。
学校が終了すると、ほぼ毎日偽りの生活を楽しそうに母に告げる。
そうすれば、楽しそうな顔をするのだ。
周りと目立つと、浮く。
こればかり頭にあった昔の私とお母さん。
かわいそうな昔だと思う。

凍えそうな仏滅の午後に食事を

昔、会社に入って多くの人に囲まれて属していた。
しかし、3年が経過すると、誰かとチームワークを組んで何かするというのに向いていないと実感した。
働く時間が長い上に、チームを組んで進めるので、仕方のない事だが、噂話が頻繁。
噂話を楽しめれば上手くやっていけるのかもしれない。
だけど、別にいいじゃんとしか思えないのだ。
その上、仕事のペースがスローな人に合わせるという我慢ができない、早い人についていけない。
まともな人は、努力が見られない!と感じるだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。

風の強い平日の明け方は足を伸ばして
久々に、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
2人は、私が通っていた学生時代の仲間で、同じ時間を共有したクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般と英検なので、観光地巡りが、好きな学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む仲のいい6人でさまざまな地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私はもともとそれほど仲のいい友人が多くないし、それでそれで良いと感じています。
だから、素直に喜んだけれど、隣で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのも私のツボでした。

気持ち良さそうにダンスする兄さんと私

友達のちかこは頭がキレる。
頭が良いなーと思わされる。
何があっても人を否定したりはしない。
あれ?と感じても、とりあえず相手の気持ちを尊重する。
そうしているうちに、考えが広がるし、我慢強くなれるのだ。
考えを押しとおすよりも、この方が彼女にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、起こったことを自分のものにするやり方をよーく理解している。

雹が降った月曜の夕方に窓から
太宰治の、斜陽は、休みなく読めると思う。
戦争が終わるまでは貴族の御嬢さんだったかず子が、根強くて引かない女に変貌する。
読むにつれて素敵だと考えた僕。
これくらい、誰にも恐れない行動力と、固い自我が戦争が終わったこの頃は必要だったのかもしれない。
だけど、不倫相手である上原の妻からすると大迷惑だろうとも思える。

曇っている大安の日没は焼酎を

友人とお昼時に約束をしていた。
福岡の待ち合わせスポットになっている大きな画面の前。
携帯を見ると、30分くらい遅れると連絡が入った。
巨大なテレビの前は待ち合わせスポットなので、待ち人もどんどん約束の相手が現れる。
携帯でミュージックを聴きながら、景色をぼーっと見ていた。
それでも時間を持て余して近所の喫茶店に入って、アイスティーを飲んでいた。
30分たって、友人がごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタにしようと言った。
ホットペッパーを見てみたけれど、いい店を探せなかった。

ぽかぽかした祝日の夜に友人と
8月に、宮崎まで仕事に出かけた。
この辺りは非常に暑い!
Vネックの上着の上から、背広。
汗まみれになりすぎて、上のジャケットは凄い事に。
ホテルにへついて、コインランドリーに行く暇もなかったので石鹸で綺麗にした。
翌日そのジャケットはピーチの良い香りがした。
上着がボロくなあるのではないかと気になったけれど、それでも洗うべきだと心に決めていた。

TOP

メニュー

Copyright (C) 2015 スイカは叩いて楽器にする All Rights Reserved.